草木、柿渋染めの自然な色合い。
優しい洋服の通販「KIKYU」

ストールとマフラーどっちを買うべき?スヌードとの違いも調べてみた。

肌寒い季節になってきたら、首元に欲しくなるのが、ストールやマフラー。

防寒にもなるし、巻くだけでおしゃれにもなりますよね。

素材やカラーも、いろんな種類が売られているので、ファッションのポイントとしても使いやすいと、大人気です。

でも、ストールとマフラーの違いって、何なんだろう?

結局、どっちを買うべき?

最近では、スヌードなんていうのもあるし…

と、悩めるあなたのために。

ストールとマフラー、スヌードの違いや、迷ったらどっちを買えばいいのかについて、詳しくまとめてみました!

ストールとマフラーどっちを買うべき?スヌードとの違いは?

ストール、マフラー、スヌード。

どれも首に巻くものですが、一体どう違うのでしょうか。

使い方にも違いがあるの?

ということで、それぞれの特徴を詳しく調べてみました!

●マフラー

素材:カシミヤ、ウール、アルパカ、アクリルなど、厚手のニット系素材

大きさ:細長いものが多い

季節:秋〜冬

マフラーは、ニット素材のような、モコモコした厚手の生地でできているので、主に、冬の防寒用として使うことが多いですよね。

ぐるぐるっと首に巻くだけで、ほっこりと暖かく、一気に冬っぽいコーディネートになります。

首元にボリュームが出て、視線を上げてくれるので、スタイルアップにも。

髪をすっきりまとめて合わせると、背が高く、顔も小さく見せてくれるので、おすすめです。

マフラーのデメリットとしては、

基本的に、防寒用なので、秋〜冬にしか使うことができません。

また、モコモコとかさばるので、室内などでマフラーを取ったとき、バッグにしまえず、荷物になってしまうことも。

巻くと、ほっこり暖かいマフラーですが、汎用性は低いのかもしれません。

●ストール

素材:麻、綿、シルク、カシミヤ、レーヨンなど、やわらかく薄い生地

大きさ:マフラーより幅が広い

季節:いつでも

ストールは、マフラーよりも薄手の生地でできていて、幅も広く、大きめのものが多いです。

薄くてやわらかいので、折りたたんでバッグにもしまいやすく、持ち運びやすいのが便利ですよね。

使い方も、いろいろあります。

普通に首に巻くのもおしゃれですが、ねじって巻いたり、ジャケットの中にストールを入れ込んでみたり。

ドレープを活かして、上品に巻いても素敵です。

幅の広い大きめのストールなら、ショールのように肩にかけたり、膝掛けにしても。

また、薄めの生地なので、秋冬に限らず、オールシーズン使うことができます。

春なら、まだ肌寒い時、春らしいパステルカラーのストールを巻くと、華やかな雰囲気に。

夏なら、バッグにストールを1枚入れておけば、エアコンの効いた室内や電車内で、さっと羽織れて便利です。

秋冬でも、素材を選べば、マフラーと同じように防寒用として使うことができます。

いろんな使い方ができるストール。

1枚持っていれば、とても便利ですよね。

【草木染めUVカットストールはこちら】

素材:綿、カシミヤ、ウール、アルパカ、アクリルなど、厚手の生地

大きさ:輪っかになっている

季節:秋〜冬

ストールやマフラーに比べ、最近出てきたスヌード。

マフラーと同じように、モコモコした、厚手の生地でできています。

主に防寒用として使われるので、用途としてはマフラーとほぼ同じなのですが、

スヌードの最大の特徴は、形が輪っかになっていること!

マフラーやストールは、細長い形状なので、首にクルクルと巻いて使いますが、

スヌードは、輪っかになっているので、頭からガボッと被って使います。

被るだけでいいので、巻き方を考えなくて済みますし、ほどける心配もないので、楽ちんなのが便利。

首元にボリュームが出て、おしゃれのポイントとしても使えるので、めんどくさがりな方や、小さな子供を持つママにもおすすめです。

スヌードのデメリットとしては、

巻き方を考えなくて済むのは楽ちんですが、いつも同じスタイルになってしまうことも。

また、頭から被って使うので、せっかく髪型をきれいにセットしても乱れてしまうかもしれません。

楽ちんなのは便利ですが、その分、使い方を気をつけないといけませんね。

【草木染め吊り編みUVカットスヌードはこちら】

ストール・マフラー・スヌード、結局どれを買うべき?

ストール、マフラー、スヌード。

結局、どれを買うべきなのでしょうか。

それぞれの特徴を調べた上で、私が考えたのは、

防寒性をとるなら、マフラー。

いろいろ使いたいなら、ストール。

楽ちんさをとるなら、スヌード。

という結果になりました。

暖かさをとるなら、断然マフラーです。

でも、使い勝手を考えるなら、ストール。

秋冬だけじゃなく、オールシーズン使えますしね。

暖かさ+楽ちんさをとるなら、スヌードを選びます。

それぞれ特徴がありますので、自分がどのように使いたいのか、よく考えてから選びましょう。

当工房「貴久」では、草木染めのマフラー、ストール、スヌード等を取り扱っています。


オーガニック素材に、草木染めのやわらかな色で手染めした、どれも世界にひとつだけの、1点ものばかりです。

草木染めならではの、淡く優しい色合いを、身にまとってみてはいかがでしょうか。

草木染め 緑色に染まる材料おすすめ5選!キレイな色を出すコツって?

マスタード色の合わせ方3選!合う色は?似合う人ってどんな人?

関連記事

  1. 今日の染物 海松色(みるいろ)

    今日はたくさんの注文のあった海松色(みるいろ)を染めました。海松色(みるいろ)は、楊梅(やま…

  2. 実際に住んでわかった!古民家リノベのメリットとデメリットとは?

    染物屋「貴久」は、古民家をリノベーションしたお店です。古民家…というより、長屋といった方が近…

  3. オーガニックコットンって?

    オーガニックコットンとは?オーガニックコットンとは、有機栽培された綿花の事です。オーガニ…

  4. ボタニカル

    草木染めとボタニカルライフ

    ボタニカルって?【ボタニカル】とは「植物の」または「植物的な」という意味になります。自然…

  5. 媒染(ばいせん)って何?

    媒染(ばいせん)って何?媒染(ばいせん)って言われてもなんだか解らない、難しいって思われる方…

  6. 花束の保存方法おすすめ4選!ドライフラワーより長持ちする方法って…

    大切なひとにもらった花束、どうしてますか?とりあえず花瓶に生けて、毎日水を変える…キ…

  7. 紫外線

    紫外線対策としての柿渋 秋

    紫外線対策を怠ると怖い事にやっとあの暑さから開放されて肌のべとべと感も無くなってきました。でもなん…

  8. 藍染かめ

    藍染め 建てるという事

    藍染めの歴史藍の原料であるタデアイ、(漢字では書くと蓼藍)は、タデ科イヌタデ属の一年生植物。…

最近の記事

ページトップへ