草木、柿渋染めの自然な色合い。
優しい洋服の通販「KIKYU」

草木染めの色 人気ランキングBest5!結局いちばん使いやすい色は?

草木染めの色は、とても独特です。

青とか赤とか、そういった言葉ではあらわせない、とても優しくてやわらかな色。

私たち「貴久」でも、草木染めの優しい色合いを、たくさんご用意しております。

でも、いざ選ぼうとすると、「さて、何色にしようか」と迷うことはありませんか?

今回は、草木染めの色の中でも、

「いちばん人気なのは、どの色なのか」

ランキング形式でお伝えしたいと思います。

みなさまが、草木染めの色で迷った際に、ご参考になれば幸いです。

草木染めの色 人気ランキングBest5!

私たち「貴久」が、お客さまとのやり取りの中で、実際に感じたことを参考にして、

草木染めの色を、人気ランキングにしてみました。

●第5位 鴇色(ときいろ)

鴇色

鴇色

「インドあかね」の根を煮出してつくる、鴇色(ときいろ)。

いわゆる、茜色(あかねいろ)というやつです。

鴇色という名の由来は、鴇という鳥の、羽の色から取られました。

かなり古くから親しまれている色で、万葉集でも用いられていたほど。

女性の着物の色などに、よく使われていたそうです。

赤や黄色、オレンジが入り混じった、夕焼けのような色。

やわらかく華やかな色なので、大人の女性の魅力を、引き立たせてくれます。

シンプルな服装の差し色にも、ぴったりです。

●第4位 海松色(みるいろ)

海松色

「やまもも」の幹を使った、濃いカーキグリーン。

日本特有の、苔に覆われた庭石の色です。

男性はもちろん、女性からも人気があります。

大人っぽい色なので、小物はもちろん、Tシャツなどのカジュアルなアイテムでも、かっこよく着こなせます。

どんな服装にも合うので、ひとつは持っておきたい、定番の色ですよね。

●第3位 黄檗色(きはだいろ)

黄蘗色

ザクロの実の皮から染めた、黄檗色(きはだいろ)。

いわゆる、マスタード色、からし色です。

個人的には、すごく好きな色です。

春夏秋冬、どの季節にも合うし、

Tシャツなどの主役にしても良し、靴下やストールで差し色にしても良し。

普通の黄色だと、年齢的に明るすぎて合わないなぁと思う方でも、

黄檗色(きはだいろ)だと、大人の肌に、しっくりと馴染みます。

草木染め特有の、優しいやわらかな、からし色。

迷っている方には、ぜひおすすめしたい色です。

●第2位 丹色(にいろ)

丹色

黄檗色(きはだいろ)に染めたあと、鴇色(ときいろ)を染め重ねてつくっている、丹色(にいろ)。

黄檗色(きはだいろ)のくすんだ黄色と、鴇色(ときいろ)の華やかな茜色が合わさった、

独特な、やわらかいオレンジ色に仕上がっています。

染める側としては、手間がかかりますが、それだけ魅力のある色。

オレンジ色というと、少し派手なイメージがありますが、

丹色(にいろ)は、華やかでありながらも、やわらかく優しい色です。

大人の女性の可愛らしさを、存分に引き立たせてくれます。

●第1位 縹色(はなだいろ)

縹色

印度藍(いんどあい)から染めた、いわゆる藍染の色です。

定番の色ですので、やはり不動の人気です。

青でもなく、黒でもない。

濃く深い藍色は、身にまとう人を美しく聡明に見せてくれます。

他の色とも合わせやすいので、バッグや靴下、ストールなどの小物にもおすすめですが、

個人的には、Tシャツなどの、主役にぴったりの色だと思います。

カジュアルにも着れますし、大人っぽい色なので、かっこよくも着こなせます。

男性からも女性からも、人気の色です。

草木染めの色 結局いちばん使いやすい色って?

柿渋わた染めオーガニック吊り編みTシャツ

人気ランキングは、いかがでしたでしょうか。

「貴久」で取り扱っております、草木染めの色を、人気順にご紹介いたしました。

もちろん、他にもたくさんの色を染めておりますので、ぜひご覧になってくださいね。

さて、草木染めの色、人気ランキングは以上のとおりですが、

結局いちばん使いやすい色は、何色なのでしょうか。

もちろん、色の好き嫌いや、服装のテイストにもよりますので、一概には言えませんが、

染物屋の私が、個人的に「いちばん使いやすい!」と思うのは、

やはり、縹色(はなだいろ)、藍色です。

「貴久」で染めております藍色は、印度藍(いんどあい)から染め出した、とても濃く深い色。

大人っぽく、上品な色合いに仕上がっています。

Tシャツなどのカジュアルなアイテムも、藍色にすることで、大人っぽい雰囲気に。

また、シンプルな服装に、靴下やストール、バッグなどで、差し色として合わせても、すごく上品で素敵です。

男性にも女性にも似合いますし、他の色にも合わせやすい、とても便利な色。

お店に来られるお客様も、他の色と迷った結果、「やっぱり藍色で。」と選ばれる方が多いように思います。

年齢を問わず、誰にでも好まれますので、プレゼントにも最適。

どの色にしようかと、迷っている方には、ぜひおすすめしたい色です。

「貴久」がつくる、草木染めの色。

どれも、やわらかく優しい色合いになっております。

心で感じる美しさは、自然からのいただきものだからでしょうか。

あなたなら、どの色を選びますか?

貴久のほかの色のご紹介はこちら【貴久のイロノコト】
草木染めのアイテムはこちら【草木染めのアイテム】

【貴久の染め体験ワークショップ】

大阪池田市にあります貴久では、ひとりでも多くの方に染めを体験して頂き染めることやもの作りの面白さを
感じて頂くために、天然染料による様々な染めのワークショップを行っております。

スタッフが丁寧にお手伝いいたします。初めての方や、試してみたい方も安心してご参加ください。

詳しくは下記サイトをご覧ください。

ベンガラ染め 型染め
【貴久の染め体験ワークショップはこちらから】

UVカットの服 寿命っていつまで?意外に短いことに驚愕した。

花束の保存方法おすすめ4選!ドライフラワーより長持ちする方法って?

関連記事

  1. 草木染めのやり方 簡単に自宅でもできる方法を染物屋がお伝えします…

    「草木染めをやってみたいなぁ。」と、思っていても、「詳しいやり方が、わからない」…

  2. 鈍色(にびいろ)

    鈍色(にびいろ)のこと

    鈍色(にびいろ)のこと矢車附子(やしゃぶし)というハンノキ科の低木の実を煮出して染める色です。…

  3. 老竹色(おいたけいろ)

    老竹色(おいたけいろ)のこと

    老竹色(おいたけいろ)のこと柘榴の実の皮を乾燥させた染料を使用しています。媒染剤に木酢酸鉄を…

  4. 無地Tシャツ 大人の選び方!おしゃれに差がつく4つのコツとは?

    夏になると、Tシャツが着たくなりますよね。さらっと1枚で着られるTシャツは、この季節、かなり…

  5. 今日の染物 海松色(みるいろ)

    今日はたくさんの注文のあった海松色(みるいろ)を染めました。海松色(みるいろ)は、楊梅(やま…

  6. 海松色(みるいろ)のこと

    海松色(みるいろ)のこと楊梅(やまもも)の幹を使って染めた濃いカーキグリーンです。媒染は木酢…

  7. 【ガラ紡】日本独自の紡績機が紡ぎだす手紡ぎ風の糸

    【ガラ紡】日本独自の紡績機西洋の近代紡績技術に依存せず、日本独自の技術により発明された紡績方法で…

  8. 藤鼠色(ふじねずいろ)のこと

    草木染め染料五倍子で染める色です。木酢酸鉄で媒染することでくすんだ青紫や青グレーに染まります。…

最近の記事

  1. ベンガラ染め染料
ページトップへ